お豆腐で一番大事なものは「水」です。「水」一つ違うだけで、お豆腐の味は全く変わってしまいます。 これは料理でも同じことが言えます。不味い「水」で料理をしたものと、美味しい「水」で料理をしたものでは、雲泥もの差が出てしまいますよね。また化粧品においても、ミネラルはとても大事な成分です。 「水」が悪ければ良い化粧品はできないとも言われています。その「水」にこだわった「豆腐の盛田屋」では、宮崎県の椎葉村の水を使用しています。ここの「水」を選んだのは、「水がキレイだから」ということでは無く、口当たりの違う2種類の水が湧いていたからだそうです。その2種類の水とは「柔らかい水」と「硬い水」です。 「柔らかい水」は素材の味を最大限生かすことができ、「硬い水」は素材が持つ旨味成分を閉じ込める働きがあります。この2種類の水をブレンドして使っているのが「豆腐の盛田屋の豆乳」です。 その2種類の「水」を使って出来上がった豆乳を原料にしている「豆乳の盛田屋」のスキンケア化粧品は、血行を促進させ細胞をイキイキさせる働きがあり、柔らかい水の力がお肌に馴染みやすくさせてくれるのです。人間の身体の約7割は「水」で出来ていると言われています。 身体を作るのに大切な「水」だからこそ、豆腐・豆乳に使う水はこだわらなくてはいけないと「豆腐の盛田屋」では考えているのです。その「水」にこだわって作られた、「豆腐の盛田屋」のスキンケア化粧品はお肌に不思議な力を与えてくれるのです。